効率よくペダルを回す その2

      2017/04/05

皆さんこんにちは!

前回に続きペダリング効率について考えてみたいと思います

前回は『下死点』でのペダリングロスについてお話しました。

こちらです
↓↓↓
効率よくペダルを回す その1

今回は『足首の角度』です。

まず、自転車にまたがってペダルを回した時に10時~12時の所で足を止めてみて下さい。
その時に踵が上がっていると思います。

結論から言うと私が学んだ限りでは足首から下のfootの部分の角度は極力地面と平行にするのが理想です。

12時の所で踵を上げ下げすると連動して膝が上がったり下がったりしますね。10cm位は膝の高さが変わるでしょうか?

この差がペダリングロスにつながるのです。

一番ロスになるのは踏む時に踵から下がり、引く時に踵から上がるペダリングです。

こんな感じです

ママチャリでよく見られるペダリングですね。

これだとペダリングの一番美味しい2時~4時の所で力が入っていません。

では、次が私的に理想とするペダリングです。

これだとシッカリと踏めるし引く時もシッカリと引けます。

特に引く時に踵が上がった状態とフラットな状態では引く力が全然違うのが分かると思います。

人によって足首の柔軟性が違うのと、ポジションによっても変わってくると思います。
なので多少は踵が上がっても仕方ないと思いますが出来るだけフラットになるように神経を使うと段々綺麗に回せるようになると思います。
そうすると更にペダリングロスが少なくなります。

これはあくまでも私個人が学んで感じたことなので賛否両論だと思いますが、私はこれでだいぶ足の疲れが少なくなりました。

ぜひ試してください!

(*´∇`)ノシ ではでは~

にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
にほんブログ村

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - ペダリング