ロードバイクのブレーキワイヤー交換~メンテナンスroom

      2018/05/18

こんにちは、しんのすけです!

今回もメンテナンスのお話です。自転車は意外に自分でメンテナンスを出来るものです。

今回はインナーブレーキワイヤーの交換方法を細かく解説してあります。

「ワイヤーの交換をしたいけど、自分で出来るのかな?」と思っている方でもきっとできますので、最後までご覧ください。

ロードバイクのブレーキワイヤーは交換が必要?

自転車のブレーキのワイヤーには「アウター」と「インナー」があります。

黒や白など色がついた樹脂製のワイヤーがアウターで、その中を通っている銀色の細いワイヤーがインナーといいます。

よほどのことがないとワイヤーが切れるなんてことはありませんが、長く乗っていると錆びてくることがあります。私もしばらく取り替えていなかったので錆びてしまいました。

2013年に購入したロードバイクですが、2018年現在で恐らく1度くらいしか取り替えていないと思います。もしかしたら1度も替えていないかも…記憶がさだかではありません。

長い間錆びていた状態で放置していたため、フレームが錆で汚れてしまいました。錆びてもワイヤーが切れることはありませんでしたが、ブレーキをかけたあとにキャリパーがもとの状態に開きにくくなります。動きが悪くなっているということですね。
こうなる前に早めに交換することをおすすめ致します。

 

スポンサーリンク



インナーワイヤー交換の手順

交換の手順を一通りまとめてみましたが、その前にこちらの画像をご覧ください。

 

 

フレームの下に見える黒い線がワイヤーです。通常はシルバーですが、錆びていて真っ黒ですね。

 

交換の手順

今回はリアブレーキのワイヤー交換ですが、基本フロントも同様にできます。

① 今ついているワイヤーを外すために、まずはワイヤーの端の部分についているキャップを取り除きます。キャップはペンチなどで引っ張ってもとれますが、今回はワイヤーごと切ってしまいました。

② ブレーキキャリパーについているワイヤーを止めるためのボルトを緩めておく。

③ ブレーキレバーをハンドルの内側に持っていきながら強く握る。

④ ワイヤーのタイコが見えるので、タイコのついている部分のワイヤーをペンチなどで挟んで引っ張る。

⑤ タコが出てきたら、タイコを引っ張ってワイヤーを取り出す。

⑥ 取り出した逆の手順で新しいワイヤーを入れていく。

⑦ 半分くらい入れたら、ワイヤーにグリースを塗る。

⑧ 後ろのアウターワイヤーに入れて、キャリパーのキャップのような部分(アウター受けといいます)に差し込み、ボルトの部分に通す。

⑨ ボルトを閉めて固定する

⑩ 長さに少し余裕を持たせた状態で、余ったワイヤーを切り取る。

⑪ ワイヤーの先の部分にキャップをつける。

⑫ ブレーキレバーを数回強く握って初期伸びの処理をする。

以上の行程で完了です。

 

では、これから写真を使って行程をもう一度見ていきましょう。

 

インナーワイヤーの交換

行程1  ワイヤーの端の部分のキャップを外す。
このキャップはペンチで引っ張っても外れますが、よく切れるワイヤーカッターをお持ちの場合なら切った方が早いと思います。

私の場合は持っていないので、ニッパーを使いましたが、ハッキリ言って切るのが大変です。ワイヤーカッターがお勧めですね!

 

切り取った状態です。

 

行程2  ボルトを緩める
このボルトを緩めないとワイヤーを外せません。

 

行程3  ブレーキレバーを握る


このようにハンドルの内側に持っていきつつ、限界まで握るとワイヤーの差し込み口が大きく開くので、ワイヤーの出し入れが可能になります。普通に握ってもハンドルにレバーがぶつかって開きません。

 

行程4  タイコを引っ張る
写真の丸い物体がいわゆる“タイコ”と呼ばれるものです。しっかりはまっていると、タイコそのものを引っ張ることが出来ないので、少し奥のワイヤーをペンチなどで引っ張るとタイコがでてきます。

 

行程5 ワイヤーを取り出す
タイコが出てきたら、あとはそれを引っ張ってワイヤーを取り出すのですが、ワイヤーの先端部分がほつれているとアウターワイヤーに引っ掛かって取り出しにくくなります。

かなり力を入れても取れないこともあるので、もし取れないときには1度引っ張る前の状態に戻して、ほつれている部分を切ってしまえばスムーズに取り出せます。

 

行程6  ワイヤーを入れていく
ちょっと分かりにくいかもしれませんが、写真のなかに小さい穴が見えます。タイコを引っ掻ける筒型のパーツの穴に通してからこの穴に通しましょう。

 

行程7  ワイヤーにグリースを塗る
滑りをよくするため、そしてさび止めとしてワイヤーにグリースを塗ることをおすすめします。しかし、ワイヤーはかなり長くて余ってしまいます。なので全体に塗る必要はありません。


私の場合はまず、半分くらいワイヤーを突っ込んだら残りの半分くらいにグリースを塗るようにしています。
グリースを塗ると塗らないとではレバーを握ったときの軽さが変わってきます。

写真のようにキッチンペーパーなどに少量のグリースをとって、それをすり付けるようにすると手も汚れません。

 

行程8  アウターワイヤー~ボルトまで通す
グリースを塗ったらそのまま後ろのアウターワイヤーに差し込み、アウターワイヤーごとキャリパーのキャップのようなパーツ(アウター受け)に通し、インナーワイヤーを固定させるためのボルトの部分に通します。

 

行程9  ボルトを締める

ボルト部分に通したワイヤーをしっかり固定します。

このとき下の写真のようにキャリパーを手で掴んでブレーキシューとリムの間隔を調整します。

キャリパーを片手で掴んだまま締め付けます。

微調整はボルトを締めたあとでもできるので、しっかりボルトを締めておきましょう。

 

行程10  余分なワイヤーを切る
ワイヤーはかなり余ると思いますので、切ってしまいます。

その際あまりギリギリのところで切ってしまうと、後で微調整するときに長さが足りなくなってしまうこともあるので、締め付けたボルトの部分から3cmくらいのところで切った方が良いでしょう。

 

行程11  切ったワイヤーの先端部分に付属のキャップを取り付ける

ワイヤーを購入した時にキャップがついているので、それを先端部分に取り付けます。
そうしないと、ワイヤーがほつれてしまいます。

取り付け方は、キャップを被せたあとにワイヤーカッターなどで噛むようにします。
この時力を入れすぎるとキャップがちぎれてしまいますので注意が必要です。

私は分かっていながらも力を入れすぎて、このあと右端の部分がちぎれてしまいました。

 

行程12  初期伸びを確認する
ブレーキ、シフターワイヤーとも取り付けたあとに「初期伸び」というものが起きることがあります。
言葉通りブレーキを強く握ったあとに少し緩む感じになってしまいます。

そうなるとブレーキの効きが悪くなるので、数回力を入れて強くブレーキレバーを握り、
伸びた場合には微調整し直します。
微調整は写真の指で指している部分をくるくる回すことで、ワイヤーが短くなったり長くなったりします。

 

 

まず、下側のネジのようなものを左に回して緩めてから、キャップの部分を回して調整します。そのあとネジを締めて完了です。

 

 

以上で交換作業は終了です。ちょっと面倒くさそうに思えるかもしれませんが、やってみると意外に簡単です。

 

最後に~注意点~

今回はロードバイクのブレーキワイヤーの交換でしたが、クロスバイクも同じように交換ができます。
ただし、ひとつ気を付けなければならないことがあります。

それはロードバイクにはロードバイク用のワイヤー、クロスバイクにはクロスバイク用のワイヤーがあると言うことです。
ロードバイクについているブレーキはキャリパーブレーキと言って、クロスバイクについているブレーキはVブレーキと言います。

それぞれタイコの形が異なるので互換性はありませんので、購入の際には十分気を付けてください。

※アウターワイヤーはロードバイク、クロスバイクのどちらにも使用できます。

 

ワイヤー交換に使用する工具類

ロードバイク用インナーワイヤーはこちら
⏬⏬

 

クロスバイク用のインナーワイヤーはこちら
⏬⏬


MTB用と書いてありますが、クロスバイクにも使えます。
ワイヤーカッター

グリース

~まとめ~

たかがワイヤーの張り替えですがお店でやってもらうと何倍もの料金をとられてしまいます。

自分でやればワイヤー代のみで済んでしまいますのでとても安くなります。
自転車は意外に単純な構造で組み立てられていますので案外簡単にパーツの交換ができてしまいます。

これを機会にトライしてみてはいかがですか?

 

 

 

~バイク保険のご紹介~

自転車に乗っている方の中には「バイクにも乗っている」という方もいるのではないでしょうか?

 

自転車もカッコイイですが、バイクもカッコイイですよね!

でも、自転車と同じようにバイクも盗難が心配ですよね。

そこで、今回ご紹介するのがバイク盗難保険です。

バイクのロードサービス・盗難保険に特化したサービスです。

しかも、この保険はバイク専門のロードサービスなのでレッカー時にとても安心です。
また、業界では数少ないバイクの盗難保険も取り扱っています。
これだけではありません。会員様限定イベントや月1プレゼント企画など会員特典が盛りだくさんでさらに満足度アップです!

 

 

 

 

お帰りの際はこちらもポチッとお願い致します!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - メンテナンスroom