ロードバイク初心者にも分かりやすいブログです

クリートの交換~メンテナンスroom

2018/03/23
 
この記事を書いている人 - WRITER -

こんにちは、しんのすけです!

今回は当ブログでは珍しくメンテナンスについての記事を書きたいと思います。
と言っても、大したことはありません。単なるクリートの交換についてのお話です。

以前の記事で書いた通り、私が今使っているシューズSPD-SLのクリートが限界を越えています。
普通、ペダルからシューズを外すときには踵を外側に向けて捻りますが、踵を内側に捻っても外れてしまいます。
とりあえずペダルには引っ掛かっているので、引き足は使えるのですが私のペダリングの仕方は単なる上下運動だけでなはく腰の内旋・外旋を使って捻るようにペダリングをするので、その時に外れてしまいます。

スポンサーリンク



 

 

いよいよ交換の時がやって来た!

もう、とっくに交換の時が過ぎていましたが、だましだまし使っていましたw
でも、さすがに限界ですね。
というわけで、新しいクリートを購入しました。

ちょうど期間固定のTポイントが3000ポイントくらいあったので、それを使ってYahooショッピングでゲットしました!

今回も前回同様に青いクリートにしました。まだ赤いのは使ったことがないですが、0度より多少遊びのある方が膝などに良いのかな?と思ったので青をチョイスしました。

 

 

クリート交換のポイント

クリートを交換するときに1つ気を付けなければならないのが「同じ位置につける」ことです。
今までつけていたクリートと同じ位置に取り付けないとペダリングに影響が出る可能性があります。クリートの位置は膝の痛みにも関係してきますし、ペダリングロスに繋がることもあります。
なので、できればもとの位置からずれないように取り付けたいものです。
そこで今回簡単な取り付け方法をご紹介致します。

 

やり方は超簡単!

古いクリートを外す前にマジックなどで印を付けておけば良いのです‼

クリートの形に合わせてグルっとペンでなぞっていきます。

 

全部なぞらなくても、半分くらいでも大丈夫です。要は位置がわかればいいのです!

 

 

古いクリートを外してみました。

 

赤い線が見えるのが分かりますか?

私の場合はクリートがついていた部分と、そうでない部分とで汚れ具合が違うので、ペンで印をつけなくてもクッキリあとが残っていますね(笑)

あとは、その線に合わせて新しいクリートを取り付けましょう。

 

簡単にできました(^-^)

やっぱり新品は綺麗で良いですね!気持ちよくパチンとペダルに嵌まりました。

最近では分割クリートというものもあるんですね。
クリートが2つのパーツに別れているので片方のパーツを取り替えたあとに、もう片方のパーツを取り替えれば簡単にクリート交換ができます。これならペンで線を引いたりしなくてもいいので、もっと手軽に交換できますね!

 

こちらが分割クリートです。ゴリックスのものですが、SHIMANOに対応しています。

 

こちらは一般的なSHIMANOのクリートです。

 

 

~まとめ~

クリートは早めの交換がおすすめ!はまらないクリートにイライラしながらのサイクリングは楽しくありませんw

私のように腰を痛める原因にもなるかもしれませんし、値段も高くないので、はまりにくくなったらサッサと交換しちゃいましょう!

 

次のメンテナンスはブレーキのインナーワイヤーの交換を予定しています!記事ができたら公開致しますので、お楽しみに(^-^)

 

 

(@^^)/~~~ではでは!

お帰りの際にこちらもポチッとお願い致します!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 

 

 

 

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

Copyright© 貧脚オジサンのロードバイクブログ , 2018 All Rights Reserved.