なるほどロードバイク~パンク修理

      2017/06/04

前回はパンクに備えるについてのお話でした。今回はパンクの修理の仕方についてお話します。
動画も貼ってありますが、まずはこちらの手順をよく読んでからご覧下さい。

スポンサーリンク

 




バンク修理の手順

1. 手で外せない方はタイヤレバーを2,3本用意しておきましょう

2. タイヤレバーを2箇所差し込み隙間ができたらタイヤレバーを突っ込んで回しながらタイヤの片側を外します

3. バルブの反対側からチューブを外していきます

4. タイヤに異物が刺さっていないか確認します

5. 予備チューブがよれてしまわないように空気を少し入れます

6. バルブを差し込みチューブをタイヤに入れます
7. 揉みながら完全にチューブをリムに乗せます

8. バルブのところからタイヤをはめましょう。バルブを最後にするとはめにくくなります

9. 手ではめられない方は最後の部分は硬いのでタイヤレバーを使って押し込むようにしてはめます

10. 手ではめる時はバルブの左隣を最後にするとはめやすいです

11. タイヤをはめたらチューブを噛んでいないか確認します。1周揉むと良いでしょう

 

では、動画をご覧ください!

いかがでしたか?ご自宅で練習しておくといざと言う時にスムーズに出来ていいと思います!

 

ランキングに参加中!応援よろしくお願い致します!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 

 

 

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - なるほど!ロードバイク!