ロードバイク用レインウェアー~自転車の雨の日対策

      2018/05/23

趣味でロードバイクに乗っている方だけでなく、通勤や通学でロードバイクを使用している方も沢山いると思います。
ロードバイクはアウトドアスポーツなので当然天気が悪い時もあります。

 

帰宅途中で突然雨が降ってしまったり、梅雨時なんかは雨があがったからと言って走り始めたら、しばらくしてまた雨が降ることもあります。

夏場なんかはゲリラ豪雨に襲われることもありますよね。

そんなとき皆さんはどうしていますか?

私なんかはビショビショに濡れながら走ってしまうことが度々あります(笑)
同じような経験をしている方もいるのではないでしょうか?

 

そんな雨対策として、前回は自転車用の泥除け(フェンダー)のご紹介をしました。
まだご覧になっていない方。こちらも合わせてご覧ください
⏬⏬
ロードバイク用泥除け(フェンダー)

 

 

今回はさらに強力に雨対策が可能になるアイテム「レインウェアー」のご紹介を致します。
スポンサーリンク



 

ロードバイク用のレインウェアーと普通のレインウェアーの違いは?

ホームセンターなどで売られている日常で使うようなレインウェアー(カッパ)でも、もちろん自転車には乗れます。

しかし、ゴワゴワしているし動きづらいです。また、走っているとかなりバタついて空気抵抗も大きくなってしまいます。

 

それだけではありません。通気性が悪いためずっと走っていると内側からかいた汗によって蒸れてしまいます。

私は100均のカッパを着て走ったら、何故か内側が濡れていてなんでかな?と思って考えたら、「そうか、汗をかいて濡れているんだ」ということが分かりました。

とてもベタベタして気持ちが悪いです。

 

なので、動きやすく体にフィットしたものを選ぶといいでしょう。通気性に関しては少し値段の高いものでも蒸れるようなので、ある程度妥協は必要です。

 
スポンサーリンク



 

 

どんなレインウェアーがあるの?

それではどんなレインウェアーがあるのか、ご紹介します。

レインウェアーと言っても、トップス、パンツ、シューズカバー、ヘルメットカバーなどがあります。

今回はAmazonと楽天の商品で見てみましょう。

 

 

Amazonの商品です!

まずはベストセラーの商品です。レビューも結構いい感じです。
コンパクトに畳めて持ち運びしやすいのでダウンヒルなどの防寒着としても使えます

 

 

こちらは上下セットです。自転車用のレインウェアーはお尻もカバーするように長めに作られているものが多いですが、やっぱりパンツタイプもあるとお尻だけでなく足も濡れないので安心ですね

 

 

こちらはサイクルウェアーの代表格であるパールイズミ。さすがに防水効果が高く体も動かしやすいと評判ですが、このクラスでも蒸れは防げないようです。

 

 

こちらは私の愛用の冬用レーパンのメーカーです。ウインドブレーカーですが防滴仕様なので、レインウェアーとしても使用出来ます。見た目がかっこいいので、私も欲しくなりました(^^)

 

 

こちらはモンベルのレインパンツ。かなり使えそうな商品です。ペダリングがしやすく、裾もチェーンが絡まないように絞れる作りです

 

 

こちらはシューズカバーです。やっぱり靴の中がビショビショなのは気持ち悪いですからね。

 

 

楽天の商品も見つけました!

 

 

~まとめ~

晴れてる時にしか自転車には乗らないよ!という方には無縁のことですが、そうでない方は雨の日に少しでも快適に走れるように、雨対策を考えてみてはいかがですか
フェンダーとレインウェアーを合わせれば鬼に金棒ですね!
雨に濡れた自転車のケアも忘れずに(^^)

 

 

お帰りの際にこちらもポチっとお願い致します!
⏬⏬

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - おすすめ!ロードバイクアイテム, 気になるロードバイクアイテム, 発見!ロードバイクアイテム, 自転車用品