佐倉チューリプフェスタ&ペダリングの話~つぶやきroom

   

こんにちは、しんのすけです!

この前の日曜日は久々に印旛沼まで行ってきました。この日の本当の目的地は印旛沼ではなく佐倉の風車のある公園でやっている、チューリップフェスタでした。印旛沼はそのついでというか、通過点です。

後半にちょっとペダリングについても書きました。

 

佐倉チューリップフェスタ

今回はいつもと違うルートにして見ました。いつもは国道464号の途中にある北総病院の裏を通っていくのですが、464号をそのまま真っ直ぐいきました。

しばらく行くとこの景色にたどり着きます。

いい眺めですが、高所恐怖症なので、ビビりながら写真を撮りました(笑)

この橋を渡って左に曲がり、少し行くと印旛沼につきます。

 

スポンサーリンク




今回印旛沼の写真はとっていないので、省略してチューリップフェスタの様子をご紹介します。

風車とチューリップのコラボ。インスタ映えしそうですね!

数万本はあると思います。辺り一面チューリップ。

 

風車の中にも入れたので(2階まで)、そこからの眺めを撮ってきました。

 

なぜか風車の中に自転車の展示がしてありました。

 

オランダではこんな自転車が使われているのでしょうか?

 

別の場所の高いところからも撮ってみました。

 

調子にのって自撮りもw

次の土日も見れそうですので興味のある方は行ってみてはいかがですか?
詳しくは「佐倉チューリップフェスタ」で検索してみてください。

 

ペダリングのお話

さて、余談ですが最近ペダリングに新しい感覚を感じたので、この日はその感覚を忘れないように意識しながら走ってみました。踏み足の時の意識が少し今までと変わりました。
具体的に言葉で説明するのは難しいですが、今までよりもうまく体重が乗っていて、1時~4時位の位置で振り子のように「ブン、ブン」と回る感じです。
踏み足にこれまで以上に効率よく力が使えた感じですが、しばらく続けてみないとなんとも言えません。

印旛沼からの帰りは約30kmくらいの間、ずっと強い向かい風でしたのでかなり疲れてしまいました。新しいペダリングで良いペースで帰ってこれたのですが、足に負担が普段よりもかかってしまったので(いつもより速く走れた証拠かもしれませんが)、手賀沼に到着した頃には腿の筋肉が痛くて走るのが大変になってしまいました。
手賀沼に到着したときはすでに70km走った状態でしたが、頑張って90km以上走りました。

お陰でこの日は帰宅後バタンキュー(死語ですね)。しばらくベッドに埋もれていましたw

実際普段よりも速く走れているかは風の弱いときでないとはっきりわかりませんので、風が弱いときに今までのペダリングと新しいペダリングを交互に繰り返して違いを味わってみたいと思います。違いがはっきりわかったら、また書きたいと思います。

ペダリングはまだまだ奥が深いです。力のいれるタイミングや力の入れ方、股関節の使い方など色々と試してみてはいかがですか?少し意識を変えるだけでペダルを回しやすくなったり速く走れたりします。

私が普段意識しているペダリングはこちらです。

⏬⏬

効率よくペダルを回す

足首の柔軟性も人それぞれなので、なかなか理想通りにはいきませんが、意識することは大切です。

きれいにペダルを回せるようになると、疲れにくくなったり速度を維持しやすくなったりしますが、それだけでなく機材も痛みにくくなります。

私の自転車は3万キロ乗っていますが、チェーンは1度しか交換していませんし、スプロケやチェーンリングは交換したことがありません。しかもコンポは最安のシマノ2300(今でいうクラリス)です。

チェーンはそろそろ交換した方が良さそうですが…

ちなみに私のは8速なのでこちらのチェーンでOK!


ペダリングが綺麗になると機材も長持ちするということだと思います。

 

(@^^)/~~~ではでは!

 

 

お帰りの最はこちらもポチッとお願い致します!

にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 

 

 

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - つぶやきroom