つぶやきroom~自転車道での嫌な場面

   

こんにちは、しんのすけです!

 

折角のお盆休みも雨ばっかりで憂鬱ですね。予報通りだと日曜日までずっと雨。
手賀沼トライアスロンも雨なら見に行けませんね。

トライアスロンのコースをタイムトライアルで3回ほど走ってみましたが今の所ベストが1時間12分。
いちばん速い人で1時間2分位らしいので10分も差があるんですね。
1時間10分を切る人は少ないらしいです。もっと鍛えてそれを切りたいですね!

今日は普段私がロードバイクで自転車道を走っている時に『嫌だなー』と思うことについて書きますね。今回はネガティブな内容になりますが、皆さんも同じように感じることがあると思います。

まあ、私も人に偉そうなことを言える立場ではないのですがそれでも嫌なことはある訳です。

スポンサーリンク




 

 

勝手に人の後ろにつく

ロードに乗っているとよくあることだと思います。自転車の場合『ドラフティング』と言って前に走っている人の後ろにピッタリとくっついて走れば空気抵抗が少なくなって楽に走れるようになります。
それを利用するために勝手に後ろにくっついて来る人がいます。それもすぐ真後ろに。
お互いに信頼出来る者同士がやるならいいのですが、見ず知らずの相手に断り無しで着くのは如何なものか

特に自転車道なんかは歩行者も沢山いますし子供が飛び出す危険もあります。その場合はやむ無く急ブレーキをかけることになります。そうすれば追突をする可能性が高くなります。
怪我をさせれば保証の問題も出てきます。自分の腕に自信があっても絶対に事故が起きないなんてありませんのでやめて欲しいですね

私の場合は下ハンにミラーを付けているので常に後ろを確認しながら走ります。
そして知らない人が勝手に付いてきたらわざとスピードを落として先に行かせたりしています。場合によっては文句を言う事もあります。
自分の身は自分で守らなければいけませんね。

 

所構わず猛スピードで走る

これも見ていて危険です。小さな子供のそばをすごいスピードで通り過ぎます。
何考えているんでしょう?子供なんてぶつかったら死なせてしまう可能性が高いと思うのに・・・
私が危険回避のためにわざとスピードを落としてゆっくり走るとここぞとばかりに抜かしていく人もいます。手信号で減速の合図を出しているのに抜かす人もいますね。
『アホなの?』と言いたくなりますね。

レースやってんじゃないんだよ!
自分さえ楽しければいいというのはどうなんでしょう?

歩行者がいないエリアならともかく、歩行者のそばを走る時は危険回避できるように充分スピードを落とすべきです。

 

逆走や急な方向転換をするママチャリ

これも困りますね。自転車は左側通行だって小学生の時に教わらなかったのしょうか?
いきなりUターンをする事もあります。全く後ろを見ることもなく急にぐるっと回るんです。
一般道ではそんな事はしないと思いますが自転車道では車が居ないから危険に対しての意識が低くなります

歩行者でも全く周りを見ずに横断する人もいます。もっと安全確認に気を使ってほしいです。

 

集団で進路妨害

たまにありますが数十人の集団で走る人たち。邪魔です。
数人ずつ別れて走ってくれればいいのですが・・・

しかも絶妙にスピードが遅くてじれったくなります。まあ、ゆっり走れば良いのでしょうが。
チームのリーダーにはそういう配慮も必要かと思います。

 

~まとめ~

自転車道は安全快適に走れるので人気があります。しかし自転車専用道路ではありません。

歩行者などに気を付けて楽しく走りたいものです。

 

ランキングにご協力ください!
にほんブログ村 自転車ブログ 中年サイクリストへ
にほんブログ村

 

 

[`fc2` not found]
GREE にシェア
[`livedoor` not found]
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`yahoo` not found]
LINEで送る
Pocket

 - つぶやきroom